【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフの飛距離をアップさせる素振り練習法

 
  2019/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY21インストラクターの垣花です。

 

もっと飛距離アップしたい・・・

 

これはプロ・アマ問わず全てのゴルファーが思う事ですね。

 

飛距離アップの方法を色々試してみたり、クラブを買い替えてみたり、工夫はしているけれどなかなか思うように飛距離アップに繋がらない・・・

 

そんな経験をしてはいませんか?

 

実は素振り練習でもゴルフの飛距離アップは十分可能です。

 

今回はゴルフの飛距離アップを目的とした素振り練習法についてご紹介したいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

ゴルフスイングにおける飛距離アップの要素とは?

 

ゴルフにおいて飛距離アップにおける大きな要素は「ヘッドスピードを上げる」ことです。

 

ゴルフの飛距離はヘッドスピード×ボール初速×打ち出し角度×バックスピン量の4つで決まります。

 

しかし、最大飛距離をアップさせるためには、いかにヘッドスピードをアップさせることが大切です。

 

そのためには、ゴルフクラブを振る為の筋力アップ、体の可動域を広げること、そしてクラブを速く振る感覚と技術を磨く必要があります。

 

 

ゴルフクラブより重い器具で素振りして飛距離アップ

まずは通常使っているゴルフクラブよりも重いものを使ってスイングします。

 

重いものを使ってスイングすることで、小手先では振れなくなり、全身を使ったスイングを覚えることが出来るようになります。

また徐々にではありますが、スイングに必要な筋肉も鍛えられてきます。

このスイングに必要な筋力を鍛えることも、ヘッドスピードを上げるにあたって大切なポイントです。

 

さらには重いものを持って大きくスイングすることが出来ると、ストレッチ効果もあり、スイングに必要な体の可動域が広がることも飛距離アップに繋がってきます。

 

また、重いものでゴルフスイングを繰り返し連続してスイングすることで、軸を保つ感覚も身に付き、フォームの安定にも役立ちます。

 

 

専用の素振り練習器具でスイング

今回は重さ約520gの素振り練習器具を使用しました。

通常男性が使用するドライバーの重さが約300g程なので、およそ1.7倍の重さがあります。

 

重さのある器具を使う場合、怪我を避けるために速く振らないようにしましょう。

 

体全体を使って大きくスイングするよう心がけてください。

 

また、手先でスイングしてしまうと、オーバースイングや、フォロースルーで器具の重さに負けて体が突っ込んでしまうなどスイングが崩れる原因になってしまいます。

 

想い器具を使用する際は、フィニッシュまでバランスを崩すことなくスイング出来るよう注意してください。

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

 

ゴルフクラブを2本束ねてスイング

専用の器具などをお持ちでない場合は、クラブを2本束ねてスイングするという方法もあります。

 

この時も、手先でスイングしてしまうと最後に上体が突っ込んでしまいますので、体全体を使い、大きくスイングするようにしてください。

 

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

但し、アイアンの場合クラブのヘッド同士がぶつかることによりクラブに傷がついてしまう恐れがありますので注意してください。

 

その他素振り専用のバットの他、現在ツアーで流行しているシャフトの先端に重りがついた素振り専用器具などもお勧めです。

これには、重さにもいくつか種類がありますので、ご自身の体力に合わせて選ぶことが出来ます。

 

 

注意点

いきなり重たい器具を振ると怪我をしてしまう恐れがありますので、練習前には必ず準備運動を行い、全力でスイングせず、大きくゆっくり振るようにしましょう。

 

 

ゴルフクラブよりも軽い器具で素振りして飛距離アップ

 

今度は逆に、軽いものを速く振る事によるヘッドスピードアップです。

 

いつも使用しているクラブよりも軽いものを振ることで、自分自身の能力で出すことのできるスピードを超えるスピードを体験し、そのスピードを出すための技術や感覚を身につける事が出来ます。

 

重量の軽い素振り器具を使っての飛距離アップ練習

 

今回はヘッドスピードアップを目的に作られた器具を使用しています。

 

先端が軽い為、通常クラブでスイングするよりも早くクラブを振る事が出来ます。

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

通常のスイングでは体験できない速度でクラブを振る事により、ヘッドスピードが上がる感覚と技術を体に覚えこませる事が出来ます。

 

この時、左足よりも先でスイングした時の風を切る音が聞こえることがポイントです。

 

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

 

参考程度に、私の普段のドライバーのヘッドスピードは48~49m/sですが、今回器具を使用して58m/sを記録しました。

このように、普段自分の能力では出せないようなヘッドスピードを体験する事を繰り返していくと、クラブを速く振る感覚と技術が磨かれていきます。

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

 

クラブを逆さに持ってスイング

専用の練習器具を持っていない場合は、ドライバーなど長めのクラブを逆さに持ってスイングすると、同様の効果を得る事が出来ます。

 

但し、これは本来のゴルフクラブの使用方法とは異なる為注意が必要です。

 

クラブを逆さに持ってスイングした時に、万が一地面にグリップが強く当たってしまうと、ゴルフクラブ自体が破損してしまう可能性があるので十分に注意してください。

ゴルフ、ゴルフレッスン、谷将貴、素振り、飛距離アップ

 

注意点

この軽いものを持ってヘッドスピードを上げるという練習法は、ある程度スイングが出来上がっていないとスイングを崩してしまう恐れがあります。

特に初心者の方は、いきなり軽いものを振らず、まずは重いもので振ることで、ゴルフスイングの形を覚えることから始めることをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

重いもの、軽いものをそれぞれ利用して素振りをすることで、飛距離アップに必要な要素を鍛えることが出来ます。

 

また、ゴルフで飛距離アップさせるには「当てたい」「飛ばしたい」という気持ちはもちろん大切ですが、必要以上に意識してしまうとスイングが崩れてしまい、結果飛距離が落ちてしまう場合があります。

 

力任せにスイングしてしまっては頑張っても飛距離アップはなかなか望めません。

 

素振りという簡単できる練習法で、是非飛距離アップを実現させてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?