【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

素振りで上達!美しいゴルフスイングを作る練習方法

 
  2019/07/08
 
ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21インストラクターの垣花です。

 

突然ですが、あなたは1日の練習の中で、何回くらい素振りを取り入れていますか?

 

練習量には自信があるけれど、なかなかゴルフスイングが変わらない、なかなか上達しないといったお悩みをお持ちではないですか?

 

また、練習したいけれど、仕事や家庭もありなかなか練習時間が作れないといったお悩みをお持ちの方もいるかもしれません。

 

ゴルフは練習するにも時間とお金が多少なりかかってきます。

 

もっと効率よく美しいゴルフスイングを覚える方法はないのでしょうか?

 

実は、誰でもできる方法でゴルフスイングを今よりもっと美しくカッコいいものにすることが出来る練習方法があります。

 

それが「素振り」です。

 

いつでもどこでも簡単にできる「素振り」こそ、ゴルフスイングを美しくするためにとても効果的な練習法で、ぜひアマチュアゴルファーにオススメなのです。

 

ただいま、ブログ読者様 限定キャンペーンを行っています。

40分のレッスンでスイングの悩みを即解決! 上手くなるならまず行動に!!

レッスンが上達の早道

詳しくは、コチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓

今だけ!入会キャンペーン

 

 

どうすれば美しいゴルフスイングになるのか?

そもそも美しいゴルフスイングとはどのようなものなのでしょうか?

 

私が思うに、美しいゴルフスイングをしている方は、まずスイングリズムがとてもいいです。

全体的によどみなく流れるようにスイングしている方は、スイングが綺麗に見えます。

 

そして次にスイングの形がとても綺麗です。

スイングの形が綺麗な方は、軸がブレることなく、ゴルフクラブが綺麗な弧を描くようにスイングしています。

 

しかしアマチュアゴルファーの場合、ボールを打つ意識が強すぎるあまり、その形とリズムが乱れているため美しいスイングになりにくいのです。

 

そういった場合、まずはボールを打つよりも先に、素振りでスイングを作ることをお勧めします。

 

ゴルフスイングを良くする素振り練習法

 

素振りには種類がたくさんあります。

 

スイングの形作りに役立つものから、スイングに必要な筋力をアップさせるもの、ヘッドスピードを上げる素振りなど、目的に応じた素振りがあります。

 

今回は数ある素振り練習法の中でも、特別な道具を使わず手軽で簡単にできる、ゴルフスイング作りに効果的な素振りをご紹介します。

 

 

美しいゴルフスイングを作る 連続素振り

これは昔からよくプロも練習に取り入れている素振りのひとつです。

 

止まることなく連続でスイングし続けることにより、スイングリズムが良くなります。

 

同時にスイング中の軸も安定してきます。

 

軸がブレないゴルフスイングや、リズムが良いことは美しいゴルフスイングに共通しているポイントです。

 

また、スイング中に力みやすい方にもオススメで、連続で振り続けていくと、次第に力の抜き方がわかるようになってきます。

 

リズムよく、バランスを保つことを意識して行ってみてください。

 

初めての方であれば、まずは10往復行ってみてください。

ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン

美しいゴルフスイングを作るスローモーション素振り

通常ゴルフスイングは、テークバックからフィニッシュまでおよそ2秒くらいです。

 

これを、ゆっくりと時間をかけて、スローモーションのように行います。

 

まずは10秒、そして20秒、さらに30秒くらいの時間をかけてゆっくりと行ってみてください。

 

体幹をしっかりと使いながらスイングする必要があり、初心者の方には少し難しいかもしれません。

 

また、この練習は美しいスイングの形を理解していないと良い効果を得られません。

 

まずはご自身の美しいと思うプロゴルファーの真似から始めるのもいいと思います。

 

私自身、ジュニア時代には憧れのプロゴルファーのスイングの連続写真を壁に張り、毎日のように鏡の前で真似をしていたものです。

 

また、これはトッププロも行う素振り練習法で、「当てたい」「飛ばしたい」といったことを考えず、純粋にスイングの形作りを意識した練習になります。

 

その中で、ご自身のチェックポイントを確認しながら行っていくことで、より美しいスイング作りが出来るようになります。

ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン

美しいゴルフスイングを作る ゴルフクラブを2本使用した素振り

クラブを2本互い違いにしてスイング

重さを利用することで小手先のスイングが出来なくなり、ゆったりとしたリズム、腹筋や背筋、脚など大きな筋肉を使ったスイングが出来るようになります。

またこの素振りも連続で行うことで、より軸が保てるようになると同時に、持っているクラブが重くなる為、スイングリズムを作ることにも役立ちます。

 

ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン

2本のクラブを左右の手で1本ずつ持ってショートスイング

これはかなり難易度の高い素振りです。

写真のように左右の手でクラブを1本ずつ持ち、シャフトが平行になるように構えます。

 

腰から腰の範囲、いわゆるビジネスゾーンの範囲で、シャフトが平行な状態を保ってスイングします。

 

少しでも手を使うような動作が入ると、シャフトが交差したり離れたり、クラブヘッドがぶつかったりしてしまいます。

常にシャフトが平行な状態を保つことが大きなポイントです。

ゴルフ、ゴルフスイング、素振り、谷将貴、ゴルフレッスン

練習でもボールを打つ前に必ず素振りを取り入れる

最後に、あなたは練習場で1球ボールを打つごとに何回素振りをしていますか?

 

私の経験上、ゴルフの練習場で積極的に素振りを取り入れている方は少ないと感じます。

 

美しいスイングを身につけるには、正しく美しいスイングを繰り返し行うという事が重要です。

 

練習場で練習するにしても、例えば100球打つとして、1球打つ前に4回素振りをすれば合計500回スイングする事になりますし、2回素振りを取り入れるだけで合計300回スイングすることになります。

 

そうすると、少ない打つ球数が少なくてもかなり多くのスイングを行うことになります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

美しいゴルフスイングを身につける為には、まずその美しいゴルフスイングの形やリズムを体に覚えさせる必要があります。

 

スイング作りにテーマをしっかり持って、そのテーマを意識しながら素振りして実際に球を打つことを繰り返すことで、上達の効率は一気に上がります。

 

今回はゴルフスイングにおける素振り練習法をご紹介しましたが、ご自身で正しい動きが出来ているかどうかは、やはり見てもらわないと分からないものですよね。

 

私自身も、毎日のように先生に正しく出来ているかをチェックしてもらったものです。

 

あなた自身が行っている素振りが本当に正しいものなのかどうかを、当スクールへぜひ一度チェックしにいらしてください。

 

レッスンが上達の早道
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?