【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフスイング~高い球の打ち方~

 
  2019/10/31
 
ロブショットのフォロー
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMYインストラクターの垣花です。

 

グリーンを狙いたいけど、目の前には高い木が立っている

 

こんな時、プロのような高い球が打てたらなぁ・・・

 

ゴルフをしていれば、このような状況に出くわすことも少なくありませんよね。

 

しかし、先日ご紹介した低い球の打ち方に比べ、高い球はある程度のヘッドスピードが必要だったり、距離感が出しにくくなるなど、難易度が高くなります。

 

しかし、フォローの風の中で弾道の高い球を打てば飛距離を稼げるなど、状況に応じて高い球が打てるようになるとプレーの幅が広がります。

 

これから先さらなるレベルアップを目指す上で、是非覚えておきたいテクニックのひとつです。

 

今回はそんな高い球の打ち方についてご紹介していきたいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

 

ゴルフで高い球を打つ為の基本条件

高い球を打つ前に、高い球を打つ為の条件がいくつかあります。

 

・フェアウェイであること

・ボールが浮いた状態であること

・地面がフラット、または若干の左足上がりであること

・ある程度基本的なスイングが出来上がっていること

 

もちろんラフやその他のライからでも高い球を打つことは可能ですが、さらに難易度が高くなります。特に左足下がりから高い球を打つことは非常に難しいですので、まずはフラットなライや左足上がりのライから打てるよう練習していきましょう。

 

そして何より大切なのは、ある程度基本的なスイングが出来上がっている事が望ましいです。

スイングが出来上がっていない時点で高い球を習得しようとしてしまうと、スイングを崩してしまう可能性があります。

 

ゴルフスイング どうすれば高い球が打てるのか

先日ご紹介した「低い球の打ち方」では、インパクト時のロフトは立った状態になり、同時にスピン量は減らす必要があるとお伝えしました。

冬ゴルフを攻略!冬の強い風に負けない低い球の打ち方

通常、7番アイアンよりも8番アイアン、8番アイアンよりも9番アイアンの方が弾道は高くなりますね。

 

つまり、クラブのロフト角が増えて、且つスピン量が多くなれば打球は高く上がります。

 

しかし、高い球を打ちたい場面では、多くの場合高さと飛距離の両方が必要となる場合が多くなります。

 

7番アイアンの飛距離が必要だけど、7番アイアンでは正面の木を超えるだけの高さが足りない・・・

 

などといった状況です。

 

しかし、普通に打っても高い球を打つことはできません。

高い球を打つための準備とその打ち方を知る必要があります。

 

 

ゴルフスイング 高い球を打つ為のアドレス

高い球を打つ為には、アドレスがとても重要になります。

 

以下のポイントに気をつけて構えるようにしましょう。

 

ボール位置

高い球を打つにはロフトを“寝た”状態にしたいわけですから、通常のボールの位置よりも、ボール1個から半個分左足寄りへ置きます。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

目線を上げて背骨を右に傾ける

高い球を打つ時には、目線を打ち出したい高さに合わせます。

目線を打ちたい高さに合わせると、通常地面に対して垂直になっている背骨が右に傾いてきます。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

体重配分

背骨が右に傾いてくると、今度は体重が右足よりにかかってきます。

通常のショットなら体重配分は右足50%、左足50%が基本ですが、高い球を打つ時は右足55%左足45%が目安になります。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

 

ゴルフスイング 高い球の打ち方3つのポイント

 

アドレスで高い球を打つ準備が出来たら、次は打ち方です。

構え方が完成しても、打ち方を間違ってしまってはミスに繋がってしまいます。

 

 

軸を保ってスイングする

アドレスで右に傾けた背骨の角度を保ったままスイングします。

そうすることでクラブのロフトが寝る為、自然と打球は高くなります。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

フォロースルーを高くとる

目線を高くして構えた際に背骨が若干右に傾いていますので、傾いた体に沿ってフォロースルーを高くとります。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

 

フィニッシュはわずかに右に体重が残ってもOK

体の軸を右に傾けた体勢でスイングすると、通常のショットより右足に体重が残ります。しかし、上体だけを傾けるとダフリやトップにつながるので、体全体を右へ傾ける意識を持ってください。

あくまでも、通常よりもわずかに右足に体重が残るようにするのがポイントです。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

 

ゴルフスイング 高い球を打つ時のNG動作

高い球を打つ際の動作で避けたい動きをご紹介いたします。

 

クラブを早くリリースする

高い球を打つ為には、クラブのロフトは寝ている状態になるわけですが、それを意識するあまり、手首の角度が早いタイミングでほどけてしまうとダフッてしまいます。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

 

アドレスした時以上に軸を右に傾ける

これもよくあるミスの一つです。

せっかく高い球を打つ為の構えが出来ているのに、さらに体を右に傾けて高い球を打とうとしてしまうと、これもダフリのミスの原因になってしまいます。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

高い球を打つ際に、いつものスイングと大きく違うのはアドレスとフォロースルーの高さくらいです。

高い球を打とうと意識し過ぎて余計な動きがないよう注意しましょう。

 

 

高い球を打つときにも、あくまでスイングそのものは基本に忠実にします。

アドレスが少し変わることと、フォローを高くとること以外は基本的に通常のスイングと同じです。

何か特別なことをする必要はありません。

 

 

ゴルフスイング 高い球を打つ為の練習法

当然ですが、練習で打った事のないショットをいきなり本番で打とうとしても成功する確率は低いです。

まずは練習場で高い球を打つ練習をしましょう。

 

ティーアップして高い球を打つ

当スクールでは、通常の練習でも低めにティーアップする事を推奨していますが、これは「ボールを打つ」事よりも「スイングする事」に意識を集中させる為です。

高い球を打つ練習も、まずは低めのティーアップをして打つことをお勧めします。

ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー ゴルフ 高い球 打ち方 谷将貴 TANIMASAKI ゴルフレッスン ゴルフアカデミー

地面に置いた球でいきなり高い球を打とうとしてしまうと、余計な力が入ってしまったり、ボールを上げようとし過ぎてスイングが崩れてしまう可能性があります。

 

まずは簡単な状況から打つ練習を繰り返し、その後地面にあるボールを打つようにしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ゴルフスイングにおいて、高い球は打つのが難しい反面、覚えておくと役に立つショットです。

 

木などの障害物を超えるためにもそうですが、フォローの風に乗せて飛距離を稼ぐこともできます。

 

また、上級者であれば、グリーン手前に切られたピンに対して高さでボールを止めに行けるようになるなど、応用が利くようにもなります。

 

ご自身のレベルアップの為にも、ぜひ一度試してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?