【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

フェアウェイウッドでなぜトップやチョロが?原因と直し方

 
  2019/10/31
 
谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY21インストラクターの垣花です。

 

距離が残った時に使いたいフェアウェイウッド。

 

でも苦手としている方も多いと思います。

 

フェアウェイど真ん中の良いライなのに、トップやチョロを連発・・・

 

それを繰り返しているうちに、どんどんフェアウェイウッドが苦手なクラブに・・・

 

そういったお話はよく聞きます。

 

ではなぜトップやチョロのミスが起きるのでしょうか?

 

今回は特に初心者に苦手な方が多いフェアウェイウッドのトップとチョロの原因と直し方、簡単な練習方法についてご紹介したいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

 

フェアウェイウッドでトップやチョロが起きる2つの原因

 

ではなぜ長いフェアウェイウッドなどの長いクラブを持った途端に、トップやチョロといったミスが出てしまうのでしょうか?

トップやチョロの原因はいくつかありますが、今回はその中でも特に多い2つの原因が「すくい打ち」「上体の伸びあがり」です。

 

すくい打ちが原因でトップ、チョロが起きる

ひとつめは「すくい打ち」です。

 

フェアウェイウッドはドライバーの次に長いクラブで、アイアンに比べ、どうしてもボールが上がりにくい設計になっています。

 

その場合、クラブですくうようにしてボールを上げようとしてしまうと、クラブヘッドが最下点を過ぎたところでボールに当たってしまい、トップ、ひどい時にはチョロといったミスになってしまいます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

すくい打ちの直し方

 

すくい打ちの原因として多いのが「右足体重でインパクトを迎えてしまうパターン」と、「ダウンスイングでの手首のリリースが早いパターン」の2通りがあります。

 

 

右足体重でインパクトすることですくい打ちになりトップやチョロになる

ボールを上げようとするあまり、右足に体重が残った状態でインパクトしてしまうと、クラブヘッドの最下点がボールに前になり、上がり際でボールにヒットしトップやチョロといったミスになってしまいます。

 

また、右足体重になりすぎると体の軸が右に傾いてしまい、これもクラブヘッドの最下点がボールの手前になりトップやチョロの要因となってしまいます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

直し方

・インパクトからフォローにかけて、右ひざを左ひざに寄せて付けるようにスイングする。

そうすることで、自然と体重が左足に移動してきます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

 

手首のリリースが早くなることですくい打ちになりトップやチョロになる

すくい打ちのもう一つの原因が、手首のリリースの早さです。

ダウンスイングで手首の角度を速いタイミングで解いてしまい、「ハンドレイト」といわれる形になっています。

そうするとインパクト時にはフェース面が上を向いてしまい、リーディングエッジが浮き上がりトップやチョロのミスになってしまいます。

 

また、手首のリリースが早いとインパクトからフォローにかけて左肘が曲がってしまい、クラブヘッドが浮きやすくなるのもトップやチョロのミスの要因になってしまいます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

直し方

この手首のリリースについては2つ直し方をご紹介します。

 

右手で左手首を持っての素振り

右手で左手首を持つことで、手元が体の正面から外れず、且つ左手一本でクラブを持つような形になるので、クラブヘッドが自身の重みで遅れてきて、ハンドファーストの形になる。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

クラブに棒などを添えて、左腰に当たらないようスイング

練習用のスティックなどの棒をクラブに沿え、左腰から出すようにして構えます。

スイング中に添えた棒が左腰に当たらないようにすることで、ハンドファーストの形を作ることが出来ます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法 谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

この手首のリリースが早い方の大半は、意識せずに反射的に行っている場合が多いので、直るのに時間がかかる場合があります。

諦めずに地道に繰り返し練習を続けることが大切です。

 

 

上体が伸びあがることでトップやチョロのミスになる

次に、上体が伸び上がる、つまり前傾角度が変わってしまうことによってトップやチョロのミスになってしまう原因についてです。

これも大きく分けて2つのパターンがあり、ダウンスイングで左肩が上がってしまうパターンと上体そのものが起き上がってしまうパターンです。

 

左肩が上がってしまいトップやチョロになる

トップやチョロになる起き上がりの2パターンの中で、最も多いのがこの左肩が上がってしまう場合です。

 

これもボールを上げようとするあまり、ダウンスイングで左肩が上がってしまうと、上半身が大きく右に傾いてしまいます。

そうなってしまうとクラブヘッドの最下点がボールの手前になり、これもまたすくい打ち同様クラブヘッドお上がり際でボールをヒットしてしまいトップやチョロになってしまいます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

直し方

ダウンスイングからフォローにかけて、クラブヘッドを低く出すよう意識する。

 

インパクト直後にクラブヘッドが低く出るよう意識することで、左肩の上がりすぎを防ぎ、軸が右に傾かなくなります。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

上体そのものが起き上がることでトップやチョロのミスになる

これは簡単に言うと、頭が上がってしまう動きです。

ダウンスイングからインパクトに欠けて、頭が上に起き上がってしまい、クラブヘッドがボールに届かなくなりトップやチョロといったミスになってしまいます。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

 

直し方

インパクト後まで目線やアドレス時に作った体の”くの字”を保つよう意識する。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

そうすることで、前傾角度が保てるようになります。

癖が強い場合は、壁などに頭をつけてシャドースイングを行い、前傾角度が保たれる感覚を身に付けましょう。

 

フェアウェイウッドでトップやチョロをさせない為の簡単練習法

 

フェアウェイウッドでトップやチョロになってしまう方に非常に多いのが、そもそも長いクラブに苦手意識がある事です。

 

苦手意識が強いと、どうしても余計な力が入ったり、いつもと違う動作が入ってしまい、ミスを誘発してしまいます。

 

そこで私がお勧めしている練習法が、低めにティーアップして打つ練習です。

 

なかなかファウェイウッドが打てない方の多くは、地面にあるボールを一生懸命打とうとします。

 

しかし、上手く当たらない状況が続くと、何とか当てようとして次第にスイングを崩してしまいます。

 

初めは低めにティーアップしてハーフスイングで打ち、当たるようになってきたら徐々にスイングを大きくしていきます。

 

それでも当たらない場合は、少し高め(地面とボールとの間に指が入る程度)にティーアップして打ちます。

 

そうすることで、フェース面にボールが当たる確率を高めていきます。

 

確実にヒット出来る状況で打つことを何度も続ける事で自信がつき、フェアウェイウッドも打てるようになってきます。

 

ぜひお試しください。

谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法 谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法 谷将貴、TANIMASAKI、フェアウェイウッド、トップ、チョロ、原因、直し方、練習法

 

まとめ

いかがでしたか?

 

フェアウェイウッドで多いトップやチョロのミスですが、原因と直し方、そして練習方法を間違えなければ必ず打てるようになってきます。

 

フェアウェイウッドが打てるようになれば、今迄届かなかった距離も狙えるようになりますし、スコアアップにも繋がってきます。

 

フェアウェイウッドのトップやチョロといったミスを克服し、あなたの得意クラブになっていただけると嬉しいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?