【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフコースデビュー 服装や準備で気を付けるべきポイントは?

 
  2019/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゴルフを始めて数カ月

 

ついにコースデビューが決まった!

 

でも、ゴルフに行くって何を準備すればいいの?

 

服装はどうすればいいの?

 

コースデビューは楽しみな反面、分からないことだらけで不安ですよね。

 

かくいう私も、コースデビューの時は何も知らず、ジーンズを履いていいてしまい、「その服装では入場できません」と家に帰された経験があります。

 

今回は、コースデビューにあたって知っておきたいゴルフ場での服装と、最低限準備しておきたい備品についてご紹介したいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

 

ゴルフコースデビュー クラブハウスへの入場にはドレスコードに注意

まず、ゴルフ場のクラブハウス内に入る時には、ドレスコードがある場合が多いです。

つまり、行きと帰りの服装ですね。

ゴルフ場の格式によっても多少の違いはありますが、共通点としてあるものをご紹介いたします。

 

来場時に望ましい服装

・ジャケット着用が大原則(夏場は着用せず)

・襟付きで袖のあるシャツ

・綿や麻のロングパンツ(女性ならスカートも可)

・フォーマルな靴

 

基本的にNGな服装

・ブルゾン・ジャンパー

・迷彩柄・作業着・ジャージ・スウェット

・シャツが出ている・襟のないシャツ(Tシャツ・タンクトップ・キャミソール)

・ブルージーンズ・カーゴパンツ・ホットパンツ・丈の短いスカート

・カラフルなスニーカー・サンダル・下駄・草履

・その他、露出度の高い服装

 

 

ゴルフプレーに望ましい服装

襟付きで袖のあるシャツに、キャップまたはバイザーをかぶり、パンツにはベルトをはめるのが基本の組み合わせです。

シャツについてはポロシャツなど襟と袖があるシャツを着用します。

シャツの裾は、パンツの中に入れるというのが正しい身だしなみとなります。

 

夏場に関してはハーフパンツでのプレーも可能なゴルフ場もありますが、その場合ハイソックスの着用が必要になる場合もあります。

 

予めゴルフ場のホームページで確認するか、直接問い合わせをすると間違いないでしょう。

 

以下男女共通のプレー時の服装のマナー

・袖付きで襟のあるシャツ(ポロシャツでOK)

・ロングパンツ(ハーフパンツの場合ハイソックス着用)

・ゴルフシューズ(ソフトスパイクやスパイクレスであれば問題なし)

・ベルト着用(基本的にシャツはパンツの中に入れます)

・キャップまたはサンバイザーの着用

 

ゴルフコースデビュー ドレスコードはゴルフ場によって変わる

最近ではカジュアルなスタイルでも入場可能なゴルフ場も増えています。

当日の服装に不安がある場合は、あらかじめプレーするゴルフ場のホームページなどでドレスコードを確認するといいでしょう。

特にリゾートコースなどでは比較的ラフな服装でも大丈夫なゴルフ場もあります。

 

なお、基本的にゴルフシューズに関しては、ゴルフショップに売られているものであれば、革靴タイプに限らず、スニーカータイプのものでも問題ありません。

但し、スパイク部分は樹脂製(ソフトスパイク)のものを使用しましょう。

現在ではほとんど販売されていませんが、スパイク部分が金属製のものは、ほぼ全国のゴルフ場で禁止されています。

 

昼食時などでクラブハウス内に再入場する時の注意点

ハーフターン(9H終了時)での食事や、その他の理由でクラブハウス内に再入場する時の注意点です。

基本的にキャップやバイザーは被ったままにせず、外すよう注意しましょう。

また、サングラスなども外すとマナーとしてGoodです。

ホテルのロビーのような感覚をもつと分かりやすいかもしれません。

 

ゴルフコースデビューで事前に準備しておきたいもの

 

これで服装はバッチリですね。

 

次に持ち物についてです。

 

最低限これだけあれば大丈夫というものをご紹介いたします。

 

・ゴルフクラブ

・グローブ

・ゴルフシューズ

・キャップorバイザー

・ゴルフボール

・ティーペグ(ショートティーとロングティーの2種類)

・ボールマーカー

・グリーンフォーク

・レインウェア

・替えのゴルフウェア

 

傘はゴルフカートに備え付けのものがある場合がほとんどなので、ここでは記載しておりませんが、。

汗をかいたり、もし雨が降った場合に備えてゴルフウェアの替えは持っていた方がいいでしょう。

ゴルフは18ホール回るわけですので、万が一にも手持ちのボールが無くならないよう、少し多めに持っていくと安心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

ゴルフコースデビューは期待と不安の両方があるかと思います。

私のように、何も知らずにジーンズを履いて行ってしまい家に帰されることのないよう、また少しでも不安を無くしていけるよう、しっかりと事前準備をしてゴルフコースデビューに備えてください。

万が一何か忘れ物をしたり、プレー中にボールが無くなりそうになったとしても、ほとんどのゴルフ場はクラブハウス内のショップに必要なものが揃っています。

でも安心してゴルフコースデビューするためには準備を万全にしたいですよね。

安心してゴルフコースデビューする為にも、ラウンド前日にもう一度持ち物を確認してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?