【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

コツさえ分かれば簡単!一発で脱出できるバンカーショット打ち方の基本

 
  2019/10/31
 
バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY21 インストラクターの垣花です。

 

バンカーショットを苦手としているアマチュアゴルファーは多いですよね。

 

しかし、実はバンカーショットはアマチュアゴルファーが思っているほど難しいショットではありません。

 

アゴの高いバンカーや目玉など、特殊な状況を除けばバンカーショットは決して怖いものではありません。

 

 

今回は誰でも簡単に一発で脱出できるバンカーショットの打ち方の基本をお伝えしていきたいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

バンカーショットの考え方

 

バンカーショットは、何としても一発で脱出することが大切です。

 

バンカーショットが苦手なアマチュアの方は難しく考えて過ぎてしまう傾向がありますが、ポイントをしっかり抑えればバンカーショットはすぐに上達します。

 

バンカーショットはボールの手前をダフることによって、ボールが砂と一緒に飛んでいくショットです。

 

その為には、自然にダフれる構えを作ること、そしてダフれる構が出来たらいつも通りにスイングすることが最大のポイントになります。

 

 

バンカーショットでは自動的にダフれる構えを作る

バンカーショットの構えで大切なことは、まず構えた時に自動的にダフれる設定になっているかどうかです。

 

自動的にダフれる構えが出来てさえいれば、基本的にいつも通りのスイングをすることが出来れば一発でバンカーから脱出することが出来るようになります。

 

膝を深く曲げて、重心を低くして構える

ボールの手前を自然にダフれるようにするために、膝を深く曲げて重心を低くして構えます。

また、膝を深く曲げて構えることによって両手の位置も低くなるので、更にダフリやすくなります。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

 

逆に膝を曲げずに構えてしまうと、重心が高くなり、自然と量の位置も高くなり、その結果ボールの頭を叩くホームランのミスになる可能性が高くなってしまいます。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

ボール位置とスタンス幅はフェアウェイウッドと同じと考える

バンカーショットのボール位置とスタンス幅は、フェアウェイウッドと同じような構えにします。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

通常サンドウェッジを打つときのスタンスとボール位置では、ダフらずボールに対してクリーンヒットする危険があります。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

スタンスは左足を引いて軽いオープンに

スタンスの向きは、スクエアに構えた後に左足を少し後ろに引いて、軽いオープンスタンスにします。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

そうすることで、インパクトで詰まることがなく、フォロースルーが取りやすくなります。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

また、フェースを閉じる動きも防ぎやすくなり、狙った場所にボールを打ち出すことが出来るようになります。

 

バンカーショットではサンドウェッジのバウンスを使う

バンカーショットでは基本的にフェースを開いて構えます。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

その理由は、サンドウェッジの“バウンス”を使うためです。

 

バウンスとはサンドウェッジのソールにある膨らんだ部分のことで、このバウンスから砂に対してヘッドが当たると、砂の深くまで入らずに、ボールの下へと滑り込んでくれます。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

 

逆にフェースを開かずに打ち込んでしまうと、砂に深く潜りすぎて上手くボールが出ない場合があります。

 

 

バンカーショットでも通常のショットと同じスイングを実行すること

バンカーショットが打てる構えが完成したら、基本的には通常のショットと同じようにスイングするだけです。

 

バウンスを使うためにフェースを開くわけですが、そうすると右に飛びそうな気がしますよね。

 

でも、バンカーショットではボールではなく砂を打つ為、実はボールは上に上がるだけで右に飛ぶことはありません。

 

ですので、怖がらずに自信を持っていつも通りのスイングを心がける事が大切です。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

 

ボールの手前に打ち込もうとしすぎると、ダフリ過ぎて思ったよりボールが飛ばず、またバンカーに落ちてしまう…なんてことになりかねません。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

ボールをすくい上げようとする動きもNGです。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

うまくダフれずにトップするホームランになる危険があります。

 

バンカーショットはスイングの大きさで距離をコントロールする

バンカーショットはボールを直接打たず、砂の中にクラブヘッドを入れ、ボールと一緒に砂を取る分飛距離は落ちます。

 

おおよその目安としては、アプローチショットの3分の1くらいまで飛距離は落ちると考えてください。

 

まずは両手の高さが腰から腰くらいの振り幅でスイングし、飛ぶ距離を確認しましょう。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

次に両手の高さが肩から肩くらいの振り幅での飛ぶ距離を確認します。

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

砂の質やバンカー内の砂の量によって飛ぶ距離は多少変わりますが、ある程度どのくらい飛ぶのかを把握しておくことが大切です。

 

バンカーショットが易しく打てるサンドウェッジの選び方

それでもバンカーは苦手だな…という方には、バンカーショットが易しく打てるサンドウェッジを使ってみましょう。

 

バンカーが苦手なアマチュアの方にはバウンス角度が大きめ、またはソールの幅が厚めのサンドウェッジをお勧めします。

テクニックを駆使して打ちたい上級者の場合は、逆にソール幅は比較的狭めでバウンス角度も少なめのものがオススメです。

 

とにかくバンカー脱出を最優先で優しく打ちたい場合(初心者・バンカーが苦手な方)

・バウンス角度は12~14度

・ソールが厚めのタイプ

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

 

 

テクニックを駆使して打ちたい場合(上級者向け)

・バウンス角度は8~10度

・ソール幅は比較的狭め

バンカーショット、基本、打ち方、谷将貴、TANIMASAKI、ゴルフレッスン

 

サンドウェッジには、用途やプレーヤーのレベルに応じて様々なソールの厚み、形状、バウンス角度の大きさが設定されています。

今回は2種類のタイプをご紹介しましたが、バンカー専用として開発されているサンドウェッジも沢山出ています。

ご自身に合ったサンドウェッジを使うだけでも、バンカーショットの打ちやすさが大きく変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

バンカーショットを苦手とするアマチュアの方は非常に多いのですが、打ち方のコツを覚えてしまえば実はバンカーはそんなに難しくありません。

 

バンカーショットが打てるようになれば、スコアも良くなってきます。

 

ぜひあなたもバンカーショットの基本を身に付けて、バンカー名人になってください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?