【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフ アイアンでシャンクが出る3つの原因とその直し方

 
  2019/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY21インストラクターの垣花です。

 

気持ちよくラウンドしていたら、突然嫌な打球音とともに斜めに45°に飛び出していくボール…

 

そう、全てのゴルファーが忌み嫌う「シャンク」です。

 

アマチュアゴルファーに限らず、プロゴルファーにも突如訪れるシャンク…

 

その名を口にすることも嫌になりますね。

 

数あるミスショットの中でも、恐らく最も精神的ダメージを受けるシャンクのミスですが、なぜそのようなミスが起きてしまうのでしょうか?

 

一言にシャンクと言っても、細かい原因が沢山ありますが、今回はアマチュアの方に多く見られるシャンクの3つの原因とその直し方についてご紹介していきたいと思います。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

 

シャンクとはどんなミスなのか?

 

基本的に、アイアンのヒール側にあるネック、クラブヘッドとシャフトの接続部分にボールがヒットしてしまうミスショットのことを「シャンク」と呼びます。

 

この部分にボールがヒットしてしまうと、右斜め前にボールが飛んで行ってしまいます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

 

シャンクのミスの原因は主に3つ

 

アドレスの位置がボールに近い

スイング中に体がボールに近づく

手元が浮いてフェースが開く

 

アマチュアの方に多く見られる傾向は、大きく分けてこの3つになります。

 

アドレスの位置がボールに近くてシャンクする

これはそもそもの構え方の問題です。

 

特に初心者の方に多いのがこのパターンです。

 

アドレスの位置がボールに近くなる原因は、手の位置が体に近いか、アドレス時の重心位置が踵に乗りすぎているかの2パターンが考えられます。

 

アドレスで手が近すぎる場合

アドレス時の手の位置が体に近すぎてしまうと、スイングした時にインパクトで手元が前に出てしまい、シャンクのミスになってしまいやすくなります。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

その場合は、クラブを持たずに前傾を作り、腕をダラリと下げてみてください。

 

そのまま自然な位置で両手を合わせます。

 

そこが最も適正なグリップを持つポジションになります。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

アドレスで重心が踵に乗りすぎている場合

重心位置が踵に乗りすぎている場合、スイングすると重心位置のバランスが悪い事を体が感じ取り、スイング中無意識に重心位置を前に戻そうとします。

 

そうなってしまうと、結果体がボールに近づく形になってしまい、シャンクのミスが出てしまいます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

クラブを持って構えた後に、何度か足踏みを繰り返してみてください。

 

そうすると重心の位置は土踏まずの真ん中あたりに集まってきます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

スイング中に体がボールに近づいてシャンクする

 

先ほどの重心位置が適正な場合でも、スイング中に体がボールに近づいてしまうという事は起こり得ます。

 

これはダウンスイング以降、上手く体の回転が使えない方に多く見られる傾向です。

 

ダウンスイング時に上手く体回転せず、お尻が前に出てしまうと同時に手元も前に飛び出してしまう事によってシャンクのミスが出てしまいます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

この場合の直し方は、ダウンスイングで左のお尻を後ろに引くようにすることで修正する事が出来ます。

 

練習方法としては、壁を背にアドレスし、お尻をつけて構えます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

バックスイングでは右のお尻が、ダウンスイングでは左のお尻がそれぞれ壁に付くよう意識しながらシャドースイングを行います。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

この時、壁から体が離れないように注意してください。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

 

手元が浮いてフェースが開きシャンクする

 

最後に、インパクトで手元が浮くことでフェースが開き、シャンクしてしまうパターンです。

 

手元が浮いてしまうと、ダウンスイングの途中でクラブが寝てしまいます。

 

そうするとフェースが大きく開いた状態になってしまい、シャンクのミスに繋がってしまいます。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

対処法としては左脇を締め、左腕が体の近い場所を通るようにします。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

この時、前傾角度を決して変えないという事が絶対条件です。

 

例え左脇が締まって腕が体の近くを通ったとしても、前傾角度が変わってしまっては結局フェースが開いてシャンクのミスになってしまいます。

 

 

練習場で出来る簡単で効果的なシャンク防止の練習ドリル

 

最後に、練習場で簡単に出来るシャンク防止の練習ドリルをご紹介したいと思います。

 

それはボールを2個置くだけです。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

ボールとボールとの間隔は、手前のボールがネックに当たったら、ちょうど先のボールにも当たるくらいにします。

アイアン、シャンク、直し方、谷将貴、ゴルフレッスン、TANIMASAKI

※危険防止の為、練習場で行う際には前の打席に十分注意してください。

たったそれだけの練習ドリルですが、手前のボールがプレッシャーとなる為、若干窮屈感はありますが、シャンクに悩む方には非常に効果のある練習法です。

シャンクにお悩みの方は、ぜひお試しください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ゴルフには様々なミスショットがありますが、その中でも特にシャンクのミスは口にするのも嫌になるくらい、出てしまうと精神的ダメージを受けます。

 

私自身、試合でも何度かシャンクのミスを経験していますが、あれほど嫌なミスショットはありません。

 

今回のポイントをしっかり練習して、気持ちのいいアイアンショットを手に入れてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?