【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフ|ダウンスイングはどこから降ろすのが正しい?【動画解説】

 
  2020/11/19
 
谷 アイアンショット シャフトのキックポイント
この記事を書いている人 - WRITER -

ダウンスイングはどういう風に降ろすのが良いのか?

細かくスイングを考えられている方は非常に気になるところです。

今回は、ダウンスイングの降ろし方について細かく解説しようと思います。

また、ツアープロコーチ 谷 将貴の動画でも解説してますので合わせて観てみてください。

 

谷 将貴ゴルフアカデミー【祝8周年 お得な入会キャンペーン開催中】

入会キャンペーン

>>>谷 将貴ゴルフアカデミー 入会キャンペーンについて

 

谷 将貴がダウンスイングの降ろし方について動画で細かく解説します。

 

ダウンスイングの降ろす場所はどこから?

ダウンスイングの降ろす場所は、クラブから遠い下半身から動かしていくのが正解です。

まずは、トップオブスイングからしっかり左足へ踏み込む。

トップオブスイング 切り返しの踏みこむ 切り返しの踏みこむ ②

 

その際に上半身との捻じれ差ができ上半身が引っ張られてくる。

 

そして左ひざを斜め上に蹴り上げて腰を回すスピードを速くする。
インパクト 腰を回す

左ひざを伸ばして腰を回す

 

上半身は下半身の動きにつられて動くと思ってください。

 

ダウンスイングの注意点

ダウンスイングの注意点をお伝えします。

 

クラブヘッドから振り下ろしてしまう。

クラブへッドから振り下ろしてしまうと、
・クラブヘッドを加速して動かせない。 ⇒ 距離が出ない。
・アーリーリリースになってしまう。 ⇒ ロフトが増えて飛ばない。 ダフリが出る。

ヘッドから振り下ろすのはダメ タメがない アーリーリリース ダフリが出る

上体から振り下ろしてしまう。

上体から振り下ろしてしまうと、

・カット軌道になってしまう。アウトサイドインの原因になります。
上体から振り下ろしてアウトサイドインになる

 

下半身から切り返しても胸の向きは後ろを向いたままの意識を持つとちょうど良いです。

胸の向きを残したままダウンスイング インパクト 下半身リードで上体は残す

 

 

まとめ

ゴルフスイングを細かく考えている方はパーツの動きが非常に気になると思います。

ゴルフのスイングは1秒ちょっとで終わるので打つ際に細かい動きはなかなか意識できないものです。

フルスイングで5秒くらいかけ自分のスイングの動きを認識しながら素振りを行ってみてください。

 

谷 将貴ゴルフアカデミー【祝8周年 お得な入会キャンペーン開催中】

入会キャンペーン

>>>谷 将貴ゴルフアカデミー 入会キャンペーンについて

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?