【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフが上達する為の考え方。【ビギナー編】マスターズでの実話つき

 
 
ゴルフボール フィッティング
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

ゴルフが上達したい。

そう思って正直かなり焦っている方が多く感じます。

その為、

なんで上手くならないんだ・・・

どうしてスコアが出ないんだ・・・

と思っていませんか?

でも、ゴルフってそんな急に上手くなる魔法はないんです(笑)

 

そして、そういう方に限って考え方が合っていないことが多いです。

 

今回は、ゴルフが上達するための考え方を紹介します。

特に初心者の方から100くらいの方には参考になります。

ツアープロコーチ 谷 将貴がマスターズでの出来事も含めて動画で解説しているので見てみて下さい!!

 

ゴルフが上達するための考え方【ビギナー編】

ゴルフビギナーの方に、上達するための考え方を2つご紹介します。

 

ミスに対する許容範囲を持つこと

ゴルフを始めたばかりの方は、

・ゴルフトーナメントの中継を見る。

・YOUTUBEなどでプロゴルファーが打っているのを見る。

など一流のプロゴルファーが打っているシーンを見ることが多いと思います。

 

そこで植え付けられていることは、プロゴルファーは常にまっすぐにボールが飛ぶ。

 

それを本来の形だと思って自分に置き換えて、常に曲がる・・・と思ってしまっては全てのショットがミスショットばかりになってしまいます。

毎回、ミスショット。ミスショット。ミスショット。

と思ってしまっては苦しいですよね。

 

まず、考えてほしいのはテレビに出ている選手は優勝争いをしているくらいですから日本で一番調子が良い人達なんです。

実際には、プロゴルファーでも上級者でもミスショットはかなりします。

 

アマチュアの皆さんの頭の中に入れてほしいのは、ゴルフはミスのスポーツだということ。

すべてのショットが成功するわけではありません。

当然、ミスはありますからミスの許容範囲を持っておきましょう。

 

ミスの幅は、打つクラブの飛距離に対して前後左右は半径10%は良い

 

7番アイアンで150ヤード飛ぶ人は、グリーンに向かって打った際に15ヤード曲がって右グリーンに乗った。

これは、ミスだけどナイスミスにしましょう。

左右であれば、片側だけのミスになるとなおさら計算もつくので良いです。

 

ゴルフはメンタルのスポーツですから許容範囲を決めておいておくことで自分にゆとりが出来ます。

 

レベルアップしてきたらどんどん、許容範囲の幅を少なくしていきましょう。

初心者から、もちろんナイスショットを前提には打っていますが、常にまっすぐボールが飛ぶことは少々ハードルが高いです。

 

 

リカバリーが大事なことを覚えていきましょう。

プロとアマチュアの方の差は色々とありますが、その一つにリカバリー力の差が大きくあります。

皆さん、

・林から低く打ち出す練習。

・わざと曲げる

・バンカーショット

・パター

・アプローチ

上記の練習ってどのくらいされるでしょうか?

やってアプローチとパターの練習という方が、ほとんどだと思います。

 

プロゴルファーはミスを補うことが上手いです。

リカバリー力がつけば、

・林の中でも低いボールを打ってグリーン付近まで持っていける。

・ドライバーショットが曲がっても、ボールを曲げてグリーン付近まで運べる。

などなど、余裕が生まれます。

 

ですから、練習場でも林から出すショットの練習などもしてみましょう。

 

まだ、ビギナーの方は曲がることが多々あります。

それが普通です。

ボールが曲がったからといって、腐らずに気持ちを切り替えてリカバリーすることに集中しましょう。

 

ツアープロコーチ 谷 将貴がマスターズでミケルソンから聞いた話

片山 晋呉プロのコーチ兼キャディとして谷がマスターズに帯同しました。

その時に、ラウンドした選手が2021年の全米プロ チャンピオンのフィル・ミケルソン。

片山プロの曲がらなさに驚愕したミケルソンが、

『なんでそんなに曲がらないんだ??』と話しかけてきたそうです。

その時の逸話の続きは、動画で見てみて下さい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?