【東京都港区】谷将貴が主催するゴルフスクール-TANI MASAKI GOLF ACADEMY-「飛んで曲がらない」シンプルスイング理論

体験レッスン

ゴルフは片手打ちで上達する!シングルプレーヤーになる為の練習法

 
  2019/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

TANI MASAKI GOLF ACADEMY21インストラクターの垣花です。

 

今回はシングルプレーヤーになる為にお勧めの練習法の一つ、ハーフスイングでの「片手打ち」をご紹介したいと思います。

 

これはプロゴルファーも実践する練習法のひとつで、この片手打ちが出来るようになると、スイングが格段に安定するようになってきます。

 

実際私も研修生時代、この片手打ちを毎日のように繰り返し練習していました。

 

数ある練習法の中でも難しいこの片手打ちですが、出来るようになると一気にシングルプレーヤーへの道が開けてきます。

2019.11入会キャンペーン

★新規入会キャンペーン実施中★

2019年11月1日~11月30日まで

詳しくは、新規入会キャンペーン

 

片手打ちが出来ると何が良くなるのか?

 

片手打ちが出来るようになると、ゴルフクラブを振る為の「正しい体の使い方」が身に付きます。

 

多くのアマチュアの場合、スイングを利き手に頼ってしまいがちになります。

 

そうすると、スイング中の両手の力加減のバランスが崩れてしまい、安定したスイングが出来なくなってしまいます。

 

更にゴルフクラブを片手で振ってみると分かるのですが、両手で振るよりもかなり重さを感じる事が出来ます。

 

片手打ちで練習する事によって、小手先ではなく体幹を使ったスイングが身に着く事から、多くのプロゴルファーがこの練習法を採用しているのです。

 

 

片手打ちも最初は素振りから始める

 

片手打ちも通常のスイング同様、まずは素振りから始めることをお勧めします。

 

なぜなら、打ち方を知っていても片手打ちはクラブを振ること自体難しいからです。

 

第一段階としてある程度素振りで形を整えて、次の段階でボールを打つように、ステップを踏んで練習するようにしましょう。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

右手打ち

右打ちの方の多くが右利きかと思います。

その場合、どうしても右手は器用ですので、ボールを打ち急いだり、インパクトが強く入ってしまったりなど、余計な動きが入ってしまう場合があります。

右手打ちで右手と体の動きを同調させる事を覚えることで、そういった余計な動きを抑えて安定したスイングが出来るようになります。

 

アドレス

30ヤードくらいのアプローチと同じように構えたら、左手だけを離して右手一本で構えます。

左手はスイングの邪魔にならないようお腹に添えてきます。

 

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

 

バックスイング

アドレスで作った右手首の角度を保ったまま振り上げます。

この時決して手で上げてはいけません。

腹筋を使いながら体全体でバックスイングを行います。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

 

切り返し~ダウンスイング

切り返し~ダウンスイングにかけても、バックスイング同様に手で振り下ろしてはいけません。

 

右手首の角度を保ちながら、体の回転で振り下ろします。

 

この時、グリップを握る強さはアドレスの時から変わらないように意識します。

 

インパクト~フォロースルー

グリップの余計な力を抜いて肘と体の距離を変えないよう振り下ろしていくと、手首の角度が保たれた状態、つまり「ハンドファーストインパクト」が出来るようになります。

 

この時体が目標方向に向かって回転していきながらインパクトするので、体の全面部分は若干左を向いた状態でインパクトを迎えます。

 

最後フォロースルーの形は、手元は体のほぼ正面、クラブも飛球線に対し平行な状態で終えるようにしましょう。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

注意点

体を上手く使えずに手でスイングしてしまうと、バックスイングでは腕が体から大きく外れてしまいます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

ダウンスイングも同様に手だけで振り下ろしてしまうとダフってしまいます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

意識としては、脇を軽く締めて、上腕と体の間隔を保ちながら体の回転でスイングする事がポイントです。

どうしても手で上げてしまう方は、左手で右肘のあたりを抑えながらスイングしてみましょう。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

 

左手打ち

ゴルフは良く「左手主導で打つ」ことが大切と言います。

左手主導でスイングすることによって、ハンドファーストインパクトの形が上手くできるようになるほか、左腕のねじれを抑えられるようになるのでフェースコントロールが出来るようになってきます。

 

アドレス

右手打ち同様に、アプローチの構えから右手を外した形で構えます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

バックスイング

アドレス時の左肘と体の間隔が変わらないようバックスイングします。

そうすることで手だけで上げることなく、体の回転でバックスイングする事が出来ます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

切り返し~ダウンスイング

切り返し~ダウンスイングでは、体の回転が先行してスイングしている為、結果として左脇がアドレスの時よりも締まって下りてきます。

 

また、体の回転で振り下ろしているので、自然と手元が先行するハンドファーストの形になってきます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

 

インパクト~フォロースルー

体の回転が先行して行くので、自然と左脇が締まり、ハンドファーストの形でインパクト出来るようになります。

 

この時、右手打ち同様体の回転が先行するので、インパクトでは体の全面部分が若干左を向いたような状態になります。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

フォロースルーでも右手打ちの時と同様に、飛球線に対してクラブが平行になった状態になります。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

 

注意点

手を使ってスイングしてしまうと、右手とは逆にトップやチョロが出てしまいます。

左手打ちも右手打ち同様に、体の回転を使ってスイングする事がポイントになります。

手だけでスイングしてしまうと、体の回転が使えずに手が体から大きく外れてしまいます。

ゴルフ、片手打ち、谷将貴、ゴルフスクール、シングル、練習法、上級者、TANIMASAKI

左打ちも右手打ち同様に、軽く脇を締めて上腕と体の間隔を保ちながら体の回転でスイングする事がポイントです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

数ある練習法の中でも難しい部類に入るこの「片手打ち」ですが、出来るようになるとスイングが安定し、シングルプレーヤーへ一気に近づきます。

 

シングル入りにもうあと一歩のところで足踏みしているあなたも、この片手打ちを身に付けて、安定したスイングを手に入れてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは、レッスンすることを怖がっています。
さらに悪いことには、そのプレーには正確性も再現性もありません!あなたは、彼らの仲間入りをする必要はありません。

あなたに隠されたキラリと輝くセンスは、すでに発揮する準備ができています!
それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です。 

このシンプルな理論で、どれだけ楽に、きれいで、カッコいいスイングを学べるか試してみてください。

『片山晋呉プロを5年間に4度の賞金王へ導いた、科学的に再現可能な方法』

谷将貴が開発した「Simple Swing理論」を使った体験レッスンに参加して、

「当たる、飛ぶ、曲がらない」

理由を数値で見てみませんか?